読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国シンプルライフ

沖縄に移住して夫とふたり暮らし。モノを減らし、シンプルで心豊かな生活をめざします。

日本一早い桜を見てきました。八重岳桜まつり

イベント 島の暮らし

 

 

スポンサーリンク

 

昨日のブログの続きです。

www.karinkalife.com

アースデイやんばるの後、八重岳へ向かいました。

2月5日まで「八重岳桜まつり」が開かれていて、ステージを設け様々なイベントが開催されたようです。

 沖縄の桜は「緋寒桜(ヒカンザクラ)」

 

沖縄でも桜が咲きます。見ごろは1月から2月と、本土より早い時期に咲くため本部町の八重岳さくら祭りでは

“日本一早咲き” “ひとあし、お咲きに。”

をキャッチフレーズにイベントを開催しています。

 

沖縄の桜は緋寒桜(ヒカンザクラ)という種類。桜と言っても、本土の桜とは違う品種で濃いピンクの花が特徴です。

本土出身の私にとっては、桜と言えば淡いピンクの本土の桜のこと。本土の桜は美しく、でもはかなげで少し寂しげなもの。

一方、沖縄の桜は色が濃くてどちらかと言うと桃の花のような感じで、私が持っている「桜」のイメージとは離れています。沖縄に移住してから、本土の桜は一度も見ていないのですが、桜の時期になると満開の本土の桜が懐かしく、たまにはその時期に本土に行ってお花見したいなぁと思うことがあります。

 

八重岳の頂上に向かう途中で。

f:id:karinasa:20170206095824j:plain

 

ヤシの木と桜がひとつの風景におさまるのが沖縄。

f:id:karinasa:20170206095921j:plain

 

八重岳は桜の名所として県内でも有名なので、今回私たちが訪れたときにも県内のみではなく、県外、海外の観光客の方々もたくさん桜を見に来ていました。

 

www.churatoku.net

 

八重岳の知り合いのお宅へ

 

桜を堪能した後、母のお友達のMさんのお宅へお伺いしました。

彼女は八重岳に住んでいて、母と同世代の方です。様々な困難を抱えた人々を助けるような活動もなさっていて、とってもパワフルで包み込むような暖かさを感じる素晴らしい方です。

 

彼女のお宅の敷地内には、たくさんのシークワーサーの木があり「シークワーサーがたくさん生っていて取りきれないので、好きなだけ取っていってね」とおっしゃるので、お言葉に甘えてシークワーサー狩りしてきました。

f:id:karinasa:20170206095949j:plain

 

こんなにたくさん。

f:id:karinasa:20170206100454j:plain

シークワーサーも青切りだとレモンのように酸っぱいですが、オレンジになるまで熟すと甘くなります。

食べきれないほど収穫できたので、一部は絞って冷凍ジュースにしておくことにしました。