南国シンプルライフ

沖縄に移住して夫とふたり暮らし。モノを減らし、シンプルで心豊かな生活をめざします。

結婚して7年、お互いに「消えモノ」しかプレゼントしたことがない夫婦です

 

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

私たち夫婦は2010年に結婚して、もうすぐ7年になります。

あらためて振りかえってみたら、結婚してこのかた、誕生日にはお互いに「消えモノ」しかプレゼントしたことがありませんでした。

 

結婚前

旦那と私は、出会ってから結婚するまで7~8ヶ月でしたが、その間にお互いの誕生日がめぐってきました。

お互い、初めての誕生日だったこともあり「残るモノ」でプレゼントをあげましたが(ちなみに旦那からもらったのは、指輪と服でした。今でも愛用してます。私からのプレゼントはマフラー)、結婚後は「消えモノ」プレゼントになりました。

結婚後

籍を入れたのが6月、私の誕生日が11月。

旦那は「誕生日プレゼントは何が欲しい?」ときいてくれたのだけど、私は「何もいらない」という答え・・・ある意味素っ気ない妻(笑)です。

旦那も私に共感して「誕生日プレゼントはいらない」と言う人になりました。

それ以来、お互いの誕生日にはいわゆる「残るモノ」をあげたことは一度もありません。

もちろん当時は「ミニマリスト」などというライフスタイルは知らず(6年も前の話ですからね~)、ただ「モノをこれ以上増やしたくない」というポリシーですでに生活していたので、私自身、誕生日プレゼントをもらうことに興味がありませんでした。

このことについて最近、旦那に「誕生日プレゼントいらないって私に言われるのって、どう?」ときいてみたところ、

「あれが欲しい、これが欲しい、とモノを欲しがらないからラク」との解答でした。

ごもっとも!

誕生日プレゼントは

私の場合、何か欲しいモノ(服でもアクセサリーでもなんでもいいんですが)が仮にあった場合、わざわざ誕生日に買ってプレゼントとしてあげなくても、別に欲しいときに買えばいいじゃん、という考えです。

 

 それで実際の誕生日はというと。

沖縄に移住して初めての私の誕生日だった2011年は、私が好きなヴィーガン・カフェのホールケーキを、旦那がこっそり注文して作ってもらっていて、当日の夜にサプライズでもらいました。

特注で作ってもらった、美しくデコレーションされたヴィーガン・ケーキ。

全くケーキなんて期待してなかったので、ほんとうにこれは嬉くて涙が出ました・・・!

 

f:id:karinasa:20170518160804j:plain

 (追記:ケーキの写真はお借りしたものです。)

というわけで、今ではお互いの誕生日はだいたい、(いつもよりはちょびっとだけ贅沢な)外食に行ったりケーキを買ってきて食べたり、あるいは私がお菓子を作ってあげたり、という感じで定着しています。

最後に:別に「残るモノ」をあげたっていい

私たち夫婦がやっているような、誕生日プレゼントに「残るモノ」をあげない、というのはひとつのスタイルではありますが、別にミニマリストであっても必要なモノはあるのだし、家族や友達に対して必ずしも「消えモノ」でプレゼントをあげるべきだとは思っていません。

相手がほんとうに喜んで使ってくれるものを、心を込めて贈るというのは素敵なことです。

ただ、相手が誰であっても「必要かどうかわからない」モノをプレゼントにあげてしまうというのは避けたいですよね。

それがたとえ消えモノであってもね。

 

関連記事です。30代の頃から、物欲が減ってきた理由について書きました。

www.karinkalife.com

 お読みいただき、ありがとうございました。