南国シンプルライフ

沖縄に移住して夫とふたり暮らし。モノを減らし、シンプルで心豊かな生活をめざします。

【ミニマル・ライフ】狭い部屋でも快適!ちゃぶ台がある暮らし

 

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

 我が家にはちゃぶ台があります。

置いてあるのは6畳の洋室で、「リビングルーム」兼「ダイニングルーム」です。

場所をとる私のデスク(スタンディングデスクです)とTVも置いてある部屋で、一日の大半を過ごしています。

狭い6畳間でソファも持っていませんが、ちゃぶ台はとても使い勝手がよく、おかげで快適な暮らしができています。

 

ちゃぶ台がある暮らし

我が家のちゃぶ台はこれです。

f:id:karinasa:20180130183405j:plain

旦那(大工です)が手作りしたもの。

上の写真では分かりにくいのですが、脚の部分が複雑な構造になっています↓

f:id:karinasa:20180130183400j:plain

ちゃぶ台というと、4つの脚がある食事用の座卓を指すようなので、我が家の「ちゃぶ台」は普通の脚がついてないから、その基準からは外れますが・・・。

天然の木材のあたたかみが感じられ、とても気に入っているちゃぶ台です。

天板に桐の板を使っていて、塗料はドイツ製の自然塗料「オスモカラー」で仕上げてあります。

この塗料、食品と同レベルの高い安全性があるそうです。

耐久性も抜群でDIYにもおすすめの塗料です。

▶関連記事:ドイツ生まれの安全な自然塗料で。手作りのちゃぶ台完成

 

こんなふうに使ってます

ちゃぶ台は本来、食事をするために使うものを指すようです。

が、我が家ではこのちゃぶ台で、ご飯を食べるだけでなく、書きものをしたり本を読んでくつろいだりしています。

また、個人的に英語を自宅で教えている少数の生徒さんがいるのですが、このちゃぶ台を囲んで座ってもらい、レッスンをしているんです。

(幸い床に座れる方々なので、床座OKということで来ていただいていますが、身体の状態によっては床座が難しい場合もありますね。)

座る人数に融通が利くのも、丸いちゃぶ台の良い所です。

 

ちゃぶ台が好きな理由

圧迫感がない

高さの低いちゃぶ台は、狭い部屋に置いても圧迫感がないのが好きです。

 

コンパクトで簡単に移動できる

小さく軽いので、移動もラクラク。

ちょっとスミのほうに寄せれば、部屋にスペースができます。

 

レトロ感が好き

天然の木を使っており、親しみが持ててレトロな感じが好きです。

ナチュラルな雰囲気が洋室にも和室にも馴染みます。

 

最後に 

ミニマル・ライフでは、ひとつのものが複数の役割をしてくれるものを所有し、持ち物の数を減らしていきたいですよね。

我が家のちゃぶ台は、色々な生活の場面で活躍しています。

また、家具についてはコンパクトで使い勝手がよいものも、小さい部屋(家)で使うには大きなポイントだと思います。

そんな要望を叶えてくれる、ちゃぶ台がある生活がとても好きです。

▼関連記事です。

www.karinkalife.com

 ▼スタンディングデスクも自作です。

www.karinkalife.com

にほんブログ村テーマ モノを少なく、シンプルに暮らしたいへ
モノを少なく、シンプルに暮らしたい
心地よい癒しの暮らし
もっと心地いい暮らしがしたい!
すっきり暮らす
日曜大工・DIY・手作り

▼ミニマルライフ・断捨離の参考に♪▼
ミニマリストになりたい
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
整理整頓・お片づけ♪
断捨離でゆとり生活
ナチュラル家事(お掃除・お料理・お片付け)

お読みいただき、ありがとうございました!