南国シンプルライフ

沖縄に移住して夫とふたり暮らし。モノを減らし、シンプルで心豊かな生活をめざします。

靴やバッグを買う時、私が気にしてるチェックポイント。革製品のこと。

 

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

ミニマルライフを目指しているので、靴やバッグを買うというのは滅多にあることではないのですが、買うときに必ず気にしているポイントがあります。

それは、革製品か否かという点です。

 

サンフランシスコ市の決定

先日、カナダ在住のブロガーさくらさん (id:mapleheart3)のブログ記事で知ったのですが、米・サンフランシスコで毛皮販売禁止が決定したそうです。

動物保護の視点からの決定です。

www.mapleheart.net

ネットニュースの記事。

www.afpbb.com

私自身は沖縄に住んでいるので、毛皮のコートを着ている人は見たことがないし必要もない地域ではありますが、ジャケットのフードの周りについているファーが本物の毛皮ということはあるでしょう。

私は何年か前から、毛皮製品はもとより、革製品もなるべく買いたくないと思ってきました。

そういった皮製品の生産現場の残虐性などを見聞きしてきたためです。

(気になる方は検索してみてください。閲覧注意の画像や映像が出てきます・・・。)

f:id:karinasa:20180327165453j:plain

と言っても極寒の地など、毛皮製品を必要としてずっと昔から使ってきた土地もあり、そういう場所で狩猟などで伝統的に毛皮などを利用するというのは、一定の範囲内であればいいのではと思っています。

また牛革など、肉を食べた後の副産物として利用される皮もあるので「エコ」という意見もあるようです。

が、肉の生産そのものに大量の資源(土地・エサ・水・家畜の糞の処理等)が投入されていて、環境に優しくない、サステナブルではない、ということも知っているので、最近は肉を食べる量も減らしています

(もとベジタリアンだったので、肉を減らすのは抵抗なし。)

その件については先日書きました。

肉は週に50gが適量・・・? サステイナビリティ(持続可能性)と肉食のこと。

 

革製品は避けてます

ということで、タイトルにもある本題ですが、私が靴やバッグを買うときに気にしているのは、

本物の動物の皮を使っていないこと 

 なのです。

できるだけ、合成皮革(フェイクレザー)の製品などを買うようにしています

例えば、沖縄に来てから買った靴2足は、どちらも革は使っていません。

【ミニマル・ワードローブ】普段履く靴は2足で定着。人気スタイリストのアドバイス通り!

バッグは布で手作りしていて、ナイロン製のバックパック以外はしばらく買ってません。

【ミニマリストのバッグ】帆布ショルダーバッグを手作りしました!普段使い用に

ただし、手作りしたバッグの紐は合皮を探したけど見つからず、本革で妥協しました。

さらに去年、財布の買い替えのとき、フェイクレザーの財布でミニマルなものを探したのですが見つからず・・・。

また本革のほうが耐久性が良さそうだったので、悩んだ末に皮の財布を買ってしまったし、完璧には革製品を避けるということはできていません。

【ミニマリストの財布】一か月悩んだ末、この薄型・スリムな長財布に決定

(もともと手作りの財布を使っていたのも、革製品を買いたくなかったというのも理由のひとつでした。)

 

ですが先にリンクしたように、さくらさんが皮製品のことをブログで書いていらして、アメリカの一部で毛皮販売が禁止になったと聞き、やっぱり今後は自分の考えを貫いていこう、靴やバッグを買うことがあったら革製品はやめよう、と思い直したのでした。

(羽毛を使った製品も同様です。)

 

最後に

革製品を避けるということについては、私の旦那も同意見で、彼も革製品は買わないようにしています。

単に「動物がかわいそう」という問題だけにとどまらず、サステナビリティ(持続可能性)や環境問題にも関わってくることだし、なかなか完璧にはできませんが、できる範囲でできることをやっていこうと思います。

とりあえず革製品(だけでなく母にもらった羽根布団も使ってます)については、今持っているものは大切に長く使い、今後は買わないことにします。

▼関連記事です。

www.karinkalife.com

にほんブログ村テーマ シンプルでナチュラルな生活へ
シンプルでナチュラルな生活
ナチュラル生活
暮らし・料理・ナチュラル生活・日記
住まいと暮らし

▼ミニマルライフ・断捨離の参考に♪▼
ミニマリストになりたい
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
整理整頓・お片づけ♪
断捨離でゆとり生活
ナチュラル家事(お掃除・お料理・お片付け)

お読みいただき、ありがとうございました!