南国シンプルライフ

沖縄に移住して夫とふたり暮らし。モノを減らし、シンプルで心豊かな生活をめざします。

【水切りかご】「断捨離派?」それとも「使う派?」我が家の場合。

我が家では1~2年前から様々なモノを少しずつ断捨離してきました。

なかでも「断捨離してよかった」と思っているのが水切りかごです。

でも、ミニマリスト志向でも「水切りかごは必要」という方の意見を読むことがあり、なるほどなと思わせられました。

今日は、水切りかごの断捨離について書いています。

 

「水切りかごは必要 」というのもよく分かる

 「水切りかごは断捨離できませんでした」とおっしゃっているチャーミーさんの記事を読んで、なるほどなと思いました。

 

www.makeahappyhome.com

チャーミーさんが書いていらっしゃった水切りかごのメリットの中で、特に「分かる~」と同感できたのは

 

  •  3次元利用(縦置き)できる
  • 水筒やコップなどの筒状のものがよく乾く

 

 というふたつの点です。

確かに、水切りかごなしでマットや布だけにすると、平らな所に置くことになるので立体的な食器類を複数置くとなると、うまく積み重ねる必要がありますよね。

速く終わらせたい毎日の家事、そんなところに労力を使わずパパッと洗った食器は置いていきたいし。

それに実際、マットや布の上だと、伏せて置いたコップなどの内側はいつまでたっても乾きません。

それでも我が家が水切りかご断捨離派なわけ

テーブルや台などの上にマットや布を置く方法は、我が家のキッチンでも採用しています。

リネン布を使っています。

f:id:karinasa:20170716071433j:plain

 

が、それと同時に調理用のボウルの上にザルを重ねて、それを「水切りかご替わり」に使うことによって、布の上だけに洗った食器を置くことのデメリットを解消しています。

f:id:karinasa:20170716071430j:plain

 写真は今朝の様子。

タッパー類が多いのは、旦那の弁当用に使っているものなどがあるため。

夕飯で使った、サラダやおかずを入れるお皿は、夕べは二枚しかなかったので洗いながら拭いて棚にすぐにもどしてしまいました。

 

以前のブログでも書きましたが、ボウルとザルは調理でも使うため、食器を置きっぱなしにできず必然的に食器はさっさと片づけるようになりました。

何と言っても我が家は賃貸で小さなキッチンのため、水切りかごにスペースを取られたくない。

二人暮らしで食器が少ないということも、水切りかごなしで大丈夫な理由かもしれません。

調理用のボウルとザルを、水切りかごとしても兼用できるという、今の方法が我が家にとってはベストという結論になりました。

 

使っているボールとザル(ストレーナー)はこちらの素敵なデザインのもの。

最後に

「水切りかごなし生活」を続けたい理由をまとめると、我が家の場合

  • 減らせるモノは極力減らしたいから(他のモノで代用できればなくて大丈夫)
  • キッチンが狭いから

のふたつに尽きると思います。

水切りかごを断捨離するか否か、ミニマリストの皆さまのなかでも、色々だと思います。

家族が多くて食器が多かったりすると、水切りかごなしというのはかなり難しそうですが・・・。

我が家では、食事に使う食器も毎日極力少なくして洗い物もラクにしています。そのことについてはまた別記事で書きたいと思います。

▼おすすめの関連記事です。

www.karinkalife.com

www.karinkalife.com

 ▼別ブログも更新中

okinawa-karinka.hatenablog.com

にほんブログ村テーマ 時短家事の工夫へ
時短家事の工夫

にほんブログ村テーマ 楽しいキッチン♪へ
楽しいキッチン♪

▼ミニマルライフ・断捨離の参考に♪▼

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい

整理整頓・お片づけ♪

断捨離でゆとり生活

ビフォー・アフター

ナチュラル家事(お掃除・お料理・お片付け)

もっと心地いい暮らしがしたい!

エコノミニマルな暮らし

すっきり暮らす