南国シンプルライフ

沖縄に移住して夫とふたり暮らし。モノを減らし、シンプルで心豊かな生活をめざします。

買ってよかった!【ミニマルなスリム財布】で金運上げよう。稼ぐ人の財布は薄いらしい。

 

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

10月の初めに買った薄型の財布。

一か月ほど使ってみた今、やっぱりスリムな財布にしてよかった!と思っています。

 

買った財布

前のブログ記事で書きましたが、これです。

f:id:karinasa:20171007215742j:plain

リベルテの、フラワー柄の型押し長財布です。

 

 

スリムかつ手に馴染む大きさ。

この財布にたどり着くまで、色んな財布をネットで調べてさんざん迷ったけど、やっぱりこれにしてよかった。

色もデザインも気に入ったので、使うたびに「買ってよかった」と嬉しい気持ちになる~。

こういう「気分が上がる」って大切ですよね。

気に入った財布なので、扱いも自然と丁寧になります。

そしてカードを出し入れする、お札を出し入れする、という動作そのものも前に比べて丁寧になった気がします。

 

f:id:karinasa:20171007215735j:plain

使いやすくて気に入っているポイントは、このL字ファスナー。

カード類、小銭、お札とすべて一度に見渡せて、すごくいい。

カードも厳選して入れているので、探さずにサッと出し入れできるようになりました。

 

稼いでいる人のお財布は、薄いそうです

f:id:karinasa:20171102221304j:plain

稼いでいる人のお財布は、無駄なカード類や領収書などが入っていなくて、スッキリと薄い、と聞いたことがあります。

領収書などをため込まず、お金を管理し、お金の流れをきちんと把握出来ている、っていうことなのでしょうね。

財布が薄いからお金が貯まるってことではなくて、お金が貯まるような人は必然的に財布が薄くなるっていう・・・。

 

私はこのリベルテの薄型の財布を買ったとき、前の財布に入れていたポイントカードや病院の診察券などを抜きだし、普段よく使うカードだけを厳選して新しい財布に入れました。

行く頻度が低い店のポイントカードは断捨離、病院の診察券は家できちんとまとめて保管して必要に応じて取り出すようにしました。

(こんなの当たり前のことなんですが、大きい財布のときはつい入れっぱなし、が多かったです・・・。)

 

家計簿をこまめにつけるようになった

お財布をスリムにして一番変わったのは「家計簿をこまめに書くようになった」ということです。

財布の外側(裏)のポケット(ファスナー付きで片側マチ付きのポケット)に、レシートを入れているのですが(下の写真)

f:id:karinasa:20171007220236j:plain

このポケット、思ったよりもたくさん入るのです。

(実はレシートの他に、頻繁に使うポイントカードを3枚ほど入れてます。)

が、ポケットにどんどんレシートをため込むと、財布が太って見た目がよろしくなくなってしまう。

このスリムでキレイなお財布の体形を崩してブタ財布にしたくない!

という気持ちが強く働き、こまめにレシート整理をするようになりました(*'▽')

以前はレシートを財布に入れっぱなしにしてたので(なんと一か月くらい出さないことも・・・ズボラ過ぎですよね)これは私にしたら大きな進歩です!

最後に 

 お財布を整えて「自分が管理できる適切なお財布の中身=現金やカード類」を意識できるようになって、お金の流れを以前よりもよく考えるようになりました。

私はもともと、あまり無駄遣いするタイプではないのですが(親にも昔から「お金を使わない子だ」と言われ続けてました)家計に関しては、かなりどんぶり勘定。

でも、お金に対して意識の高いブロガーさんの記事を読んだりしているうちに私も「このままじゃいけない」と思うようになりました。

無駄なモノの入っていないスッキリとしたミニマルなスリム財布で、金運を上げたいですね! 

 

 

▼おすすめの関連記事です。

www.karinkalife.com

www.karinkalife.com

にほんブログ村テーマ ミニマリストの持ち物へ
ミニマリストの持ち物
シンプルで機能的な生活
エコノミニマルな暮らし
賢く 楽しく 欲張りな マネーライフ
貯金、貯蓄、家計、お金に関すること

▼ミニマルライフ・断捨離の参考に♪▼

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい

整理整頓・お片づけ♪

断捨離でゆとり生活

ビフォー・アフター

ナチュラル家事(お掃除・お料理・お片付け)

もっと心地いい暮らしがしたい!

すっきり暮らす

お読みいただき、ありがとうございました!