南国シンプルライフ

沖縄に移住して夫とふたり暮らし。モノを減らし、シンプルで心豊かな生活をめざします。

直接コンセント充電できる【モバイルバッテリー】が便利(ACアダプター内蔵タイプ)

 

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

 今まで、モバイルバッテリーは必要を感じなかったので使ってなかったのですが、スマホも一年半使ってくるとバッテリーが減るスピードが速い・・・。

 台湾旅行中、外出先でバッテリー切れになってしまうと悲しいので、旅行を機にモバイルバッテリーを買いました。

 

1台で2役のモバイルバッテリー

たくさんの種類があるモバイルバッテリー、私が購入する際にチェックしたのは、ACアダプターが内蔵されていて、直接コンセントからモバイルバッテリー本体の充電ができる、というポイントでした。

旅行のとき、余分なUSBケーブルとかは持ちたくないし、USBポートがあるとも限らないので、ACアダプターが内蔵されているモバイルバッテリーがベストだったのです。

ということで、私が買ったのは、

Anker PowerCore Fusion 5000

という商品。

f:id:karinasa:20180701174732j:plain

商品説明では

1台で2役こなすハイブリッド充電器:大容量モバイルバッテリーと2ポートUSB急速充電器がひとつになりました

5000mAhでどうかな、と思いましたが、私のスマホの充電には十分な容量でした。

(私が使っているスマホはASUS ZenFone Go、3,010mAhバッテリーです。)

 

バッテリー本体にACアダプターが内蔵されています。

f:id:karinasa:20180701174747j:plain

バッテリー本体の充電は、直接コンセントから。

f:id:karinasa:20180701174738j:plain

また、この状態で家ではACアダプターとしても使えます。

 

外出先ではモバイルバッテリーとして。(写真のスマホは旦那のもの)

f:id:karinasa:20180701174736j:plain

 

旅行のとき

国内旅行では、このモバイルバッテリーなら余分なケーブルを持たなくてすむのでラクですね。

台湾では、日本の電化製品は基本的にそのまま使えるので、このモバイルバッテリーもホテルのコンセントで充電して使ってました。

ただし、飛行機に乗るときには、手荷物に入れないといけないので、預け荷物に入れないように注意が必要です。

(モバイルバッテリーに使用されている「リチウムイオンバッテリー」は、外部からの衝撃によって発熱・発火を引き起こす可能性があり、航空貨物としては危険物の扱いとなっています。)

持ち込める容量などは航空会社によっても規定が違うようなので、心配な場合は事前に問い合わせすると安心ですね。

 

最後に

 普段、外で仕事をしているわけではないし、長時間の外出も少ないので、モバイルバッテリーの必要性は感じていませんでした。

が、普段からこのモバイルバッテリーをフル充電にしておけば、地震や台風で停電になった場合でも役立つし、防災の面からも持っていたほうがいいですね。

▼スマホ関連の記事です。

www.karinkalife.com

www.karinkalife.com 

▼ミニマルライフ・断捨離の参考に♪▼
ミニマリストになりたい
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
整理整頓・お片づけ♪
断捨離でゆとり生活
ナチュラル家事(お掃除・お料理・お片付け)

お読みいただき、ありがとうございました!