南国シンプルライフ

沖縄に移住して夫とふたり暮らし。モノを減らし、シンプルで心豊かな生活をめざします。

【5分で出来る簡単ゴーヤーレシピ】栄養豊富な「わた」も一緒に食べよう!

沖縄に移住してから、ゴーヤーをよく食べるようになりました。

最近は本土でもよく食べますよね?

沖縄では6月に入って露地もの(ハウス栽培でない)ゴーヤーが店に出回り始めたので毎日食べています。

ところで皆さま、ゴーヤー調理するとき、わたを種と一緒に捨ててませんか?わたにこそビタミンCが多く含まれるので、わたも捨てずに食べるのがおすすめです!

 

ゴーヤーの栄養

ゴーヤーと言えば、ビタミンCが豊富です。

ビタミンCは

  • シミの原因となるメラニンの生成を抑えるので紫外線のダメージから肌を守ってくれる
  • 体内の酸化をおさえて疲労を回復させる

という作用があります。

まさに夏に向けてたくさん食べたい野菜です。

そして重量あたりのビタミンCは、実よりもわたの方が多いのだそうです。

実とわたを一緒に食べれば、実だけ食べるときに比べてビタミンCが1.7倍摂取できるのです。(宮崎県食品開発センターのデータより)

わたは苦いと思っている方もいるようですが、食べてみると全く苦くありません。ゴーヤー好きの皆さま、ぜひわたごと調理してみてください。

またゴーヤーの苦味成分(モモルデシンやチャランチン)には、食後の血糖値上昇を抑える作用もあるそうです。ご飯と一緒に食べるのにいいですね。

生ゴーヤーの和え物レシピ

〔材料〕

ゴーヤー   1/2本~1本(150gくらい)

塩      少々

酢      小さじ1

かつお節   適量

 

 ゴーヤーはファーマーズマーケットで買ってきました。2本で200円でした。

f:id:karinasa:20170606115613j:plain

 

〔作り方〕

  1. ゴーヤーは縦半分に切り、中の種だけを取り出す。
  2. わたごと、2~3ミリにスライスする。
  3. 塩少々と酢を加えて、手で揉む。
  4. かつお節であえて出来上がり。

★塩と酢で揉むことによって、ゴーヤーのえぐみが和らぎます。

 

ゴーヤーを切ってみたところ

f:id:karinasa:20170606171747j:plain

 

種だけ取り出し

f:id:karinasa:20170606171716j:plain

 

スライスして塩と酢で揉み込む

f:id:karinasa:20170606175111j:plain

 

かつお節であえてできあがり!

f:id:karinasa:20170606115604j:plain

酢玉ねぎと合えたり、酢味噌合えにしてもおいしそうですね。

最後に

私は食事の最初はサラダを食べる習慣なので、他の生野菜(マリネの作り置きなど)と一緒に盛り付けて食べました。

このお皿にのっている野菜は:

キャベツ、紫キャベツ、金時人参、モウイ(赤ウリ)、ニガナ、冬瓜、ゴーヤー、白菜キムチ(市販)。すべて生で、キムチ以外はいつも作り置きしているものなので、食べるときは冷蔵庫から出して盛り付けるだけです。

f:id:karinasa:20170606172211j:plain

最近は、サラダゴーヤーなど、苦味を抑えた品種もあるようですが私はゴーヤーはやっぱり思いっきり苦いのが好きです♡

ちなみに。

「ゴーヤ」ではなくて「ゴーヤー」が沖縄での呼び方です。

 ゴーヤーのデータなどはこちらの本を参考にしました。

お読みいただき、ありがとうございました。

▼健康・食生活・オーガニックに関連する記事です▼

生活に役立つ健康情報

レシピ、メニュー

野菜大好き人間大集合!

オーガニック・ライフスタイル

▼ミニマルライフ・断捨離の参考に♪▼

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい

整理整頓・お片づけ♪

断捨離でゆとり生活

ビフォー・アフター

ナチュラル家事(お掃除・お料理・お片付け)