読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国シンプルライフ

沖縄に移住して夫とふたり暮らし。モノを減らし、シンプルで心豊かな生活をめざします。

若返りの「成長ホルモン」分泌は何歳になっても可能

 こんにちは。かりんかです。

 

先日、体脂肪が増えてしまったので、運動や食事で対策を立てたという話を書きました。

www.karinkalife.com

 私の運動プランの中にある「スロー筋トレ」=「スロトレ」、この筋トレ法を始めたきっかけは「何歳になっても、スロトレで成長ホルモンが出せる」と聞いたからです。

 

成長ホルモンとは

 

成長ホルモン分泌は16歳頃がピークで、年齢とともに分泌量が減っていきます。が、運動をすれば高齢になっても分泌可能なのです。

 

成長ホルモンの働きは

  • 筋肉の発達を促し新陳代謝を高める
  • 筋や骨の萎縮防止
  • 脂肪分解作用がある
  • 美肌、若返り効果(肌の新陳代謝が活発になるため)

など。

こういった効果が年齢に関係なく可能となると、希望が持てますよね!

 

f:id:karinasa:20170203223304j:plain

 

成長ホルモンを効率的に分泌させるには

 

スロトレの提唱者は、運動生理学の専門家である石井直方氏。

石井氏が色々と検証した結果、成長ホルモンを最も効率よく分泌させるには

  • 負荷は最大筋力の半分
  • 動作はゆっくりと中断せずに行う
  • セット間のインターバルは短く

この3点がポイントであると発見しました。

この点を踏まえて開発されたのが「スロトレ」です。

スロトレとは、簡単なゆっくりとした動きの筋トレ法。軽めの負荷で行うので、女性でもやりやすく、続けやすい方法です。

例えば、スクワットなどやるときでも、ゆっくりとした動作で行います。そして休むタイミングを作らないのがポイントです。

私はこの方法を知ってから、ジムのマシーントレーニングでもスロトレの方法でやるようになりました。

 

スロトレで「筋肉をダマして」筋肉を増やす

 

スロトレにより、筋肉に常に力が入った状態を保つ(つまり、途中で休まず動作を続ける)と、筋肉内の血流が制限されて酸素不足になります。

これは筋肉にとって過酷な状態。こんな状態にさらされた筋肉は、高い負荷で激しい運動をしたと錯覚して発達するのだそうです。

スロトレは軽い負荷なのに、激しいトレーニングと同等の効果が得られるというわけです。

おもしろいですね。

 

私はDVDを見ながらタイミングを合わせてやっています。

f:id:karinasa:20170203221137j:plain

 この本では、体力に合わせた3段階のメニューが載っています。私は中程度の負荷の「スタンダード」でやっています。

動きそのものは一般的な筋トレでよく行うものだと思います。

 

最後に:運動が苦手な私でも続けられる

 

私は学生時代は文化部、運動は苦手なタイプだったので、悲しいことに筋肉量が年齢の標準値より少ないのです。

これでは将来困る、と思い一念発起して筋トレを始めることにしました。(高齢になると、筋力の低下が一因で転倒のリスクが増しますよね。)

しかも、一回に10分、週に2回だけでよいので、気軽な気持ちでやっています。

(筋肉がトレーニングの疲労から回復して成長するための休息時間が必要なので、筋トレは間をあけて行ったほうがよい。)

また私の場合、スロトレだと負荷が軽めなので、きつい筋肉痛にはなりません。

今は週一回ペースでジムに行っているので、自宅でスロトレをやるのは週に一回程度です。ほんとは自宅でも週に2回くらいやりたいのですが、忙しさにかまけて出来てません。まあでもあまりストイックになり過ぎても続かないので、出来る範囲で無理せずやろうと思っているところです。

次回のジムでの体成分分析のときに、筋肉量と体脂肪量に変化があるといいんですが~。経緯はまたこのブログで報告しますね!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スロトレ完全版 [ 石井直方 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/2/8時点)