読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

南国シンプルライフ

沖縄に移住して夫とふたり暮らし。モノを減らし、シンプルで心豊かな生活をめざします。

台湾旅行記 2017 台南の夜 

こんにちは。かりんかです。

 

昨日のエントリー台湾旅行の続きです。

台湾到着一日目、赤崁楼を出た後、近くのお寺「大天后宮」にちょっと寄りました。

大天后宮

細い路地を入っていったところにあり、地味なお寺のようですが、実は媽祖を祀った廟としては台湾最古なのだそうです。

f:id:karinasa:20170302213005j:plain

媽祖は海の守護神である道教の女神で、台湾で広く信仰を集めています。

私たちが訪れた日曜の午後も、参拝者が来ていました。

 

官記臭豆腐で夕飯

大天后宮からまたしばらくブラブラ街を散策。

f:id:karinasa:20170303151949j:plain

 

7時頃にお目当ての食堂「官記臭豆腐」に着きました!

f:id:karinasa:20170302212954j:plain

 

このお店は独特な青緑色の臭豆腐で有名だそうで、臭豆腐好きの私としてはぜひ行ってみたかった店です!

こちらの臭豆腐は他のお店とちがって、青緑色がかった色をしている青方臭豆腐が特徴です。これは漢方を調合した塩水で発酵させる特殊な方法で発酵させることにより、一般の豆腐とは異なる青緑色になるんだそう。これは中国に古くから伝わる特殊な発酵方法なんだそうです。なんでもかつて清朝皇后が好んで食したとか。

官記臭豆腐(台南市) | 台湾グルメ・レストラン-台北ナビ より引用

 

頼んだのは「炸臭豆腐」(オーソドックスな揚げた臭豆腐)と、キャベツの炒め物、「炒意麺」(炒めた意麺)の三品。

f:id:karinasa:20170302220629j:plain

 

揚げたピータンと臭豆腐の炒め物みたいなのにも惹かれたのですが、旦那がピータンは食べないし、以前の台湾旅行で臭豆腐はあまり好きじゃなかったので、注文しませんでした。

これが青緑がかった臭豆腐。ひと口サイズです。

f:id:karinasa:20170302221026j:plain

変わった色ですが、味は食べやすくてあまり臭くなく、旦那も「これならおいしい」とパクパク食べてました。私はもっと臭くても大丈夫 笑。このほんのりした匂いの臭豆腐もいいです。

揚げてあるので、まわりはサクサクしていておいしい!

 

意麺は、南部で特に好まれているそうです。小麦粉の普通の麺ですが、なんだかインスタントラーメンぽい味でした。(↓キャベツは食べかけ)

f:id:karinasa:20170302221409j:plain

珍しい臭豆腐が食べられて大満足。

www.taipeinavi.com

台湾スイーツの店「黄火木」

店を出たら、すぐ近くにおいしそうなスイーツの店が・・・。

「黄火木」という店です。

夕飯はそんなにガッツリ食べなかったからお腹に余裕があったので、この店で食べることにしました。

f:id:karinasa:20170302224012j:plain

f:id:karinasa:20170302223045j:plain

「八寶湯」という、八種類の具が入ったスイーツがおいしそうだったので、二人で一椀頼みました。

 八寶湯。45元。(1元=3.75円)

f:id:karinasa:20170302224021j:plain

小豆、緑豆、ハトムギ、タロイモ、仙草、杏仁豆腐と、確か、芋の団子、ナタデココだったかな?

この八種類が甘いスープの中に入っています。

それぞれの具は甘くないので、案外さっぱりしてますよ~。台湾のお汁粉系のスイーツ、おいしいんですよね。大好きです。

夏はかき氷の上に同じような具をのっけたメニューなども人気みたいです。

 

店のHP 

黃火木舊台味冰店 - - 甜湯類商品

神農街

夜になったら寒くて、昼間の恰好だと薄着すぎるので、とりあえずホテルに歩いて戻ることに。

途中、神農街に立ちよりました。

神農街は、古民家をリノべしたおしゃれなカフェやショップなどが立ち並ぶエリア。

夜になると、レトロな街並みの雰囲気を求めてたくさんの人たちが来るところのようです。

f:id:karinasa:20170302224326j:plain

私たちが訪れたのが日曜の夜だったためか、狭い路地はけっこうな数の人たちが歩いていました。 

圧巻の花園夜市

 ホテルにいったん戻り、マフラーなどを持って出直すことに。

週末と木曜日だけやっているという「花園夜市」へタクシーで向かいました。

 

夜市の入り口に、どーんとこの看板タワーが。テンション上がります!

f:id:karinasa:20170302225419j:plain

 スマホの写真なので、ちょっと見にくいですが。

これが花園夜市。ひろーい敷地に、お店がひしめき合い、たくさんののぼり旗がはためいています。

台北の夜市は道路の両側に店が並んでいますが、ここでは広場のようなところ全体が夜市です!すごい迫力・・・。

f:id:karinasa:20170302225821j:plain

 中に入ってみると、人・人・人・・・。

f:id:karinasa:20170302230116j:plain

入口付近は、身動きがとれないほど混んでいます。

元日の神社みたい。いろんないい匂いがしてくる~。

この熱気、さらにテンションが上がってきます 笑。

いろんなお店がある夜市 

少し奥に入ると、やっと体の周りにスペースが出来てきました。

飲食、服、雑貨などの屋台が並んでいます。

 

アナログなゲームの屋台も多い。

輪投げとか、風船割り、パチンコなど。子供だけじゃなくて大人も夢中になっていました。

f:id:karinasa:20170302231002j:plain

f:id:karinasa:20170302231010j:plain 

台湾の伝統的な菓子「状元粿」

変わった食べ物を売っている店を見つけました。

f:id:karinasa:20170303151240j:plain

 店のおばちゃんの目の前に三本の金属製の筒状のものが立っていて、この上部のくぼみに粗いもち米の粉のようなものを詰めています。

f:id:karinasa:20170303162253j:plain

蒸気が上がって蒸されている様子。

見たことがない食べ物です。「状元粿」というお菓子のようです。お米を蒸したいい匂いにつられて買ってみました。

ピーナッツ味と黒胡麻味。

f:id:karinasa:20170303162246j:plain

中と上に甘いピーナッツ粉、黒胡麻が入っています。

こんなキノコっぽい形。

f:id:karinasa:20170303162738j:plain

もち米が粗い粉なので、独特のもちもち感がおいしかった!中のピーナッツや胡麻がジャリっとしてるのもいい感じです。

台南の伝統的なお菓子みたいですね。今はあまり売ってないらしいけど。

この屋台の店の住所を調べたら、なんと泊まっていたホテルの目の前でした・・・。

台南に行く機会があったら食べてみてください^^

 

お店の名前「王家庄状元粿」

 

台北では何か所か夜市に行ったことがありますが、台南の夜市は台北に比べてもとにかく規模が大きい。

私は夜市に行ってもブラブラ見るだけで、あまり買い食いはしないのですが、今回は珍しく買い食いしてしまいました。

花園夜市は、見に行くだけでもほんとに楽しいのでおすすめです。24時までやっていますが、遅い時間でも台湾の人たちは食べまくってます。台湾人の食に対する貪欲さ、ほんとにすごいです。

 

こちらのページにたくさんの写真とともに詳しく紹介されてます。

★この日行ったお店はどこも、ほとんど英語も日本語も通じませんでした。

 

台湾旅行初日に歩いた歩数ー16806歩。

(続く)