南国シンプルライフ

沖縄に移住して夫とふたり暮らし。モノを減らし、シンプルで心豊かな生活をめざします。

【スーパーミニマルなタイニーハウス】現実的に住めるか?考えてみた

 

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

我が家は賃貸暮らし。今のところ、家を買う予定はありません。

6年前に思いもかけず沖縄に移住しましたが、これも本土で家を買っていなかったからできたことでした。

そしてこれからもずっと沖縄に住み続けるかどうかはまだ分かりません。

家の購入にお金をかける分、旅行をしたりしたいというのが夫婦に共通した意見ということもあります。

が、最近の「タイニーハウス(=ごく小さい家)ムーブメント」のことを知り、こういう家だったらいいかも・・・と夫婦で話しています。

 

タイニーハウス

タイニー(tiny)というのはvery small、ごく小さいという意味です。

ネットで検索するといろいろと出てくるので見てるだけでも楽しいです。

 

例えば、マッチボックスと名付けられたこんな家。

f:id:karinasa:20170630092923j:plain

アメリカ・ワシントンDCに建てられているそう。

総面積が約13㎡(=4坪弱)という小ささ。

6畳間が10㎡ほどなので、ほんとうに小さいですね。

 

それでも中は生活に必要なものがコンパクトに揃っています。

リビング・キッチン・シャワー・トイレ、そしてロフト部分が寝る場所。

f:id:karinasa:20170630093048j:plain

画像はこちらからお借りしました。

しかもこの家はオフグリッドで、電気・水道も完全に自分でまかなえるそうです。

 

こちらはイギリスから。

f:id:karinasa:20170630094124j:plain

画像はこちらからお借りしました。

価格は35,000英ポンドからということで、数百万円で買えます。

 

こういうタイニーハウスなら、家そのものが通常より安いので、長期ローンを組まずとも買えるし、光熱水費も家が小さい分、少なく済みそうです。

小さい土地を買って、こういう家を建てるならありかも?と旦那と話しています。

現実問題、タイニーハウスに住めるか?

持ち物を相当に減らせば、夫婦ふたりなら住めることは住めそうです。

が、この小さなスペースに入れるには、かなり断捨離をしないと無理でしょうね。

私が気になるのは、部屋が基本的にひとつだけで狭いので、夫婦とは言え二人暮らしで気づまりにならないかな、ということ。

うちの旦那は全然平気と言ってますが・・・。

それで考えたのは、家の周囲も部屋の延長と考えて、テーブルや椅子を外に持ち出して、外でご飯を食べたり本を読んだりしたらどうかなって。

さすがにずっと狭い家の中にばかりいると閉塞感を感じそうな気がしますが、そういうふうに家の境界をもっと柔軟に考えればいいのかなと思います。

ミニマリスト志向の皆さまはどう思われますか?

最後に

うちの旦那は大工なので、実際にこういうタイニーハウスを作ることに興味があるみたいで「作れる!」と言っています。

小さい家であれば、モノがたくさん入らないので余計に買い物をすることがさらに減りそうです。

家や持ち物にお金を少なめにかけて、その分を他のところ(旅行など)に回せる暮らし、私たちにとっては理想的です。

稼げるお金は限りがありますからね。

そんなわけで、最近タイニーハウスがとても気になっています。

にほんブログ村テーマ 住まいと暮らしへ
住まいと暮らし

にほんブログ村テーマ 暮らしの見直しへ
暮らしの見直し

▼ミニマルライフ・断捨離の参考に♪▼

断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

ミニマリストになりたい

整理整頓・お片づけ♪

断捨離でゆとり生活

ナチュラル家事(お掃除・お料理・お片付け)

もっと心地いい暮らしがしたい!

エコノミニマルな暮らし

すっきり暮らす

 お読みいただき、ありがとうございました!