南国シンプルライフ

沖縄に移住して夫とふたり暮らし。モノを減らし、シンプルで心豊かな生活をめざします。

スープジャーで気軽に作れる オートミール甘酒レシピ

 

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

こんにちは。かりんかです。

 

先日、さつまいもで作る甘酒レシピを公開しました。

甘酒は保温容器があればできるので、炊飯器などを使って作ることもできますが、今日はもっと手軽にスープジャーや魔法瓶を使った作り方です。

オートミールはあまり馴染みのない方も多いかもしれませんが、ご飯のように炊く手間がないので、より手軽に甘酒が作れます。

 

オートミール甘酒レシピ(スープジャー使用)

 

〔材料〕 350ccのスープジャー分

オートミール  40g

乾燥米麹    40g

水       200cc

 

乾燥米麹は、さつまいも甘酒のときと同じくマルクラの麹を使いました。

オートミールは、iHerbでいつも購入しているBob's Red Mill, Organic Quick Cooking Rolled Oats, Whole Grain( 907 g)です。

今の為替レートで、500円弱。オーガニックでこの値段ですから安いですね。

これは煮込まなくても柔らかくなるタイプなので、便利です。朝食用に常備しています。

f:id:karinasa:20170221204152j:plain

jp.iherb.com

 

iHerbでの買い物についてはこちらの記事に書きました。

〔作り方〕

  1. スープジャーに熱湯(材料外)を入れて保温しておく。
  2. オートミールと水を鍋に入れ、60度位の温度になるまで加熱する。
  3. 乾燥米麹を1.に加えて混ぜ、55~60度位の温度になったらスープジャーに入れて保温する。(1.でスープジャーに入れた保温用の熱湯は捨てる)温度が下がる場合は、弱火にかけてください。また、スープジャーのフタはきっちり閉めないようにします。
  4. 途中、2~4時間位したらフタを開けて温度をチェック。外気温によって違いますが、温度が下がっている場合は弱火にかけて55度~60度まで上げてさらに保温。
  5. 8~10時間保温すると甘酒の出来上がりです。

 ★注意:「60度を超えないようにしてください」とマルクラのパッケージに書いてありますので、それに従っています。

 

オートミールと水を加熱したところに麹を加えます。

f:id:karinasa:20170221204145j:plain

 

かき混ぜて温度を測る。

f:id:karinasa:20170221210200j:plain

 

スープジャーに入れて保温します。

出来上がり。

f:id:karinasa:20170222093316j:plain

 

オートミール甘酒は、オートミールの香ばしい風味があり、普通の甘酒とはまた違った味わいでおいしいです。

f:id:karinasa:20170222093309j:plain

水が割と多めの分量なので、水などで薄めなくても(甘いのが好きな方なら)ちょうどいいかと思います。

 

オートミールは栄養価が高いおすすめ食材

オートミール(乾燥)は、100gあたりのたんぱく質が13.7gもあり食物繊維も豊富です。ちなみに炊いた玄米の場合100gあたりのたんぱく質は2.8gになります。

さらに

オートミール(乾燥)に含まれる鉄分は3.9mg、カルシウムは47mg

炊いた玄米では鉄分が0.6mg、カルシウムが 7mg(数字はいずれも100gあたり)

乾燥のものと炊いたご飯の比較になっていますが、オートミール1食分で30~40g食べるとしても豊富な栄養が摂れることがわかります。

ただし穀物ですから糖質は多く含まれますが、GI値は穀物の中では低め(GI値55で玄米と一緒)です。

 

最後に

 

甘酒は保温温度を守れば簡単に出来ますので、甘酒がお好きな方は手づくりがおすすめです。

普通の白いご飯、玄米、雑穀ご飯など好みの材料で好きな甘酒を作るのは楽しいです。

ひな祭りにあわせて作るのもいいですね。