南国シンプルライフ

沖縄に移住して夫とふたり暮らし。モノを減らし、シンプルで心豊かな生活をめざします。

半年ぶりの本の断捨離。あまり迷わず断捨離できるようになりました。処分の基準は。

 

スポンサーリンク

 

おすすめ記事

先延ばしにしていた本の断捨離をすることにして、処分する本を選びました。

前回の本の断捨離は半年前。

まとめて買い取りサービスに送ったのでした。

【本・CDの断捨離】「駿河屋」の「かんたん買取」を利用しました!期待以上の買取価格に満足です。

 

本の断捨離

私はもともと読書が好きで、本もたくさん持っていました。

昔は、高さ1m程ある本棚がパンパンになっていましたが、2~3年前から少しずつ断捨離を心掛けるようになり、今は本棚にも余裕をもって収納できるようになっています。

ここ1年くらいはほとんど紙の本を買わなくなり、新しく購入する本は電子書籍ばかりになったので、今回処分することにした本は1年以上前に購入したものが多いです。

 

断捨離する本を選ぶ基準

前回、本を断捨離したのが去年の8月。

その時に「この本はまだ読む。必要。」と思ってとっておいた本を、もう一度チェックしなおしました。

その結果、半年の間、結局まったく読まなかった本は思い切って処分することにしました。

処分することにしたのはこの写真に写っている本。

f:id:karinasa:20180307185541j:plain

  • 本が26冊
  • 雑誌が20冊(以前、定期購読していたフォトジャーナリズムの雑誌)

でした。

買い取りに回す本と、買い取ってもらえない本に分けて処分します。

今回は、駿河屋の買い取りには価格がちょっと足りないかもしれないので(送料が有料になってしまう)、一応見積もりをお願いしますが、もし駿河屋に送れない場合は近所の店に持っていくことにします。

 

最後に

好きな作家さんがひとりいて、その人の本は断捨離しないと決めています。かなり古い貴重なものも含め厳選して20冊ほどあります。

それ以外の本は、今は30冊くらいかな。

だいぶ減ってきました。

残っているのは、実用的な本で時々内容を見直しているので、手元に置いておきたい本。

本は好きなので捨てにくいもののひとつではありますが、結局読まずに置いておくと紙はどんどん劣化してしまうんですよね・・・。

そのことを考えると、もう読まなそうな本は、以前に比べるとあまり迷うことなく断捨離できるようになってきました。

ただ、仕事関係の本(英語のテキスト)だけは紙の本が必要で(複数の本を同時に参照することがあるし、書き込みもしたいから)どうしても増えてしまうのは仕事柄仕方ないですね。

▼断捨離についての関連記事です。

www.karinkalife.com

www.karinkalife.com

にほんブログ村テーマ おうちを片づけたいへ
おうちを片づけたい
もっと心地いい暮らしがしたい!
スッキリさせた場所・もの
おうちを片づけたい

▼ミニマルライフ・断捨離の参考に♪▼
ミニマリストになりたい
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
整理整頓・お片づけ♪
断捨離でゆとり生活
ナチュラル家事(お掃除・お料理・お片付け)

お読みいただき、ありがとうございました!