食生活

チョコを遠慮なく食べてもいいかも⁉と思った話。

投稿日:

チョコレートが大好きなのでよく食べるのですが、やっぱり「甘いもの」を食べてる罪悪感ていうのがあるんですよね・・・。

でも、最近聞いた「チョコブリ」についての話から、「チョコレートを食べる罪悪感」がちょっと減り「積極的に食べてもいいのかも!」と思うようになりました。

 

チョコブリ

f:id:karinasa:20181124214719j:plain

チョコブリ。

初めて聞いたときは「何のこと?」と思いましたが、最近TVでも紹介されているので認知度が上がってる気がします。

養殖魚のブリのエサに、チョコレートを混ぜて育てたのが「チョコブリ」だそうですね。

愛媛県で開発したとのこと。

出荷前のブリに20日間、チョコを10%配合した飼料を与えると効果が得られる。

通常のブリは切り身にして2日で血合いが変色するが、チョコブリは5日持つ。

ブリの筋肉中の色素の酸化をカカオポリフェノールが抑制することで、変色を抑える仕組みだ。

出典:チョコブリ、色味長持ち 愛媛県、養殖魚の変色防ぐ新技術 :日本経済新聞

 このチョコブリのことを初めて聞いたときに「これはすごい!!」とビックリしました。

普通のブリは、切り身にすると2日で色が変わる(=酸化する)けど、

チョコブリは5日も酸化しないとは!

ほんとにカカオポリフェノールって抗酸化作用があるんだ・・・。

チョコに含まれる「カカオポリフェノール」は抗酸化作用があって身体によい、とは以前から聞いて知っていたけれど、実際にブリの切り身の酸化がこんなに抑えられる、というのは驚きでした。

 

人間の場合は?

チョコブリにカカオポリフェノールの抗酸化作用が認められるということは、人間もチョコを食べるとカカオポリフェノールの恩恵が受けられて、身体の酸化が抑えられる、ということですよね⁉

これ、チョコを食べる立派な理由になりますよ~。

ほんとに健康に良いとなれば。

ただ、ブリは身体が小さいし、体重に対してどの位の量のチョコを与えるのか、(人間の体重に対してどの位の重さのチョコが効果があるのか?)などは不明です。

(新聞記事などによると、チョコブリに与えているのは特に高カカオのビターチョコではなくて普通の甘いチョコらしい)

ですが、私はチョコブリのことを知ってから

「チョコは実際に健康に良いから積極的に食べてもいいんだ」

と思うことにしました(笑)

ちなみにダークなチョコが好きなので、いつもカカオ70%以上のものを食べてます。

 

最後に 

チョコにカカオポリフェノールがあるとはいえ、気になるのは砂糖のこと。

それにカカオには脂肪分も結構含まれるし。

いくら身体に良いとは言っても、砂糖入りのチョコは、食べ過ぎないに越したことはなさそうですね。

 ▼我が家では、こちらのチョコレートを通販で買っています。1キロは結構な量と思いますが、板チョコが一枚50g位なので、20枚分。

瓶に小分けにして、旦那と2人で少しずつ食べるので食べ過ぎることもないです。

 あるいはカカオマスを食べることもあります。やっぱりチョコの方がおいしいですけどね。

▼関連記事です。

www.karinkalife.com

www.karinkalife.com 

にほんブログ村テーマ + 40代50代60代のビューティー +へ
+ 40代50代60代のビューティー +
キレイの裏技~40代を素敵に過ごす方法
シンプル・ミニマルライフの美容と健康

▼ミニマルライフ・断捨離の参考に♪▼
ミニマリストになりたい
断捨離シンプル&ミニマムな暮らし
整理整頓・お片づけ♪
断捨離でゆとり生活
ナチュラル家事(お掃除・お料理・お片付け)

お読みいただき、ありがとうございました!

-食生活

Copyright© 南国シンプルライフ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.